熱量の差

ギラギラと

最近、政治家の秘書をやっていたとか、現役の秘書だとかに出くわすことが多い。政治に一歩下がったところに自分が今いて、積極的にもかかわろうとしないし、かかわりをもたそうとする橋渡しのような存在もない。可もなく不可もなく、あまりあれこれ言わないようにしている。それはそうと、まあ政治的な会話をすると、やはり熱量が高いというか、目が生き生きとしてしゃべってくる。僕も候補者のときもあったからわかるが、たぶんその頃は野心があり、ギラギラしていたのではないか。そんなことを人を見て感じた。かつての支援者に用事があって、その出来事を話してみると、やはり昔はもっとグイグイときてたと言われた。確かにとんがっていたっし、若さもあったのだろうが、やはり野心という熱量があったに違いない。今はあの頃のような情熱はないように思う。普通にビジネス、研究、日常とあるにせよ、ほどほど。あるとすれば、ビジネスを何かエンジンをかけて、動かしていく。その中での喜びを探しているような気がする。政治ほど刺激的なものはなかった。これは僕の実感であるが、何が何でもこれをやるんだ!という強い熱量をもって、取り組む目標が失われている。「ほどほど」なのだ。「ほどほど」といっても、一般よりは高いはずだ。でも突き抜けていない。突き抜けてとんがっていくような刺激的で面白いなと思うこと、内発する情熱が表面化するのはいつだろうか。僕自身の問いかけである。いろんなことを考えつつ、自分自身の「鏡」となった出来事であった。また僕もいろんなことをしてきたんだなと思う瞬間でもあった。

混乱の消費増税

軽減税率は必要なのか

10月1日より、消費増税が実施された。消費税は増税をすべきだという考えであるが、さすがに今、やると消費はかなり落ち込んでくると予想される。まず8%に上げただけで、税金の滞納が増えている。これを解消することの方が得策と思える。そもそも中小企業者は、消費税が預り金だと知りつつも、資金繰りに回ってしまう。故に、消費税分としてのカウントではない。企業を営まない個人では、たかが2%の増税という考えの人もいるが、企業を営んでいるとそうはいかない。3000万円で60万の差(8%と10%の差)を生む出すことになる。災害も多い今、その2%は大変大きい。さらに単純に2%上がるのであれば、まだわかりやすいが、複数税率になる軽減税率。これはほんと複雑である。公明党さんの肝いりの税制であるが、ほんとに賛成なのか疑わざる得ない。租税の原則、公平・中立・簡素からも外れ、とにかくわかりにくいのがネックである。これ、慣れるのかね?と疑問符もつく。軽減税率は即刻やめるべきである。10%もどうかと思うが、どう世の中が変わるのか、政権政党にも現実で理解をするしかないようだ。僕の考えは8%据え置き。他の税制で補うというのがいいと思っている。他の税制?法人税と所得税から徴収を考えるべきと思うのだが、さあどうでしょう。混乱はまだ続きそうだ。

調べる技術

どのように進めるのか

学者もどきのようなことをしていると、やはりそうは言っても年に1度くらいは報告、論文投稿といったことをやらないとと思ってしまう。これが一貫性のあるものであればいいが、僕の場合はどうしても各個撃破型。その時に思う課題を解決することに向かってしまう。計画的でないかもしれないが、有機的にどこかでつながってくる。いつもそう思っている。だからあまりに気にしてもいない。一応、博士論文が終われば、僕の農業会計論は区切りとつけて、会計学としては飲食業会計を主にしていきたいと考えている。しかも、岸保会計学という集大成をしていくように、会計とは何かということをきっちり考えていきたい。記録に伴わない会計の可能性を模索する上で、飲食業を事例にしつつ整理しようと思っているが、あることがどうしてもわからず、調べてもあまりたどり着かずで、司書に相談してみた。いろいろと親切に相談に乗ってくれて、調べてみると言ってくれた。調査というのも司書の仕事にあるそうで、ある程度ヒントになるものが出てくればと思っている次第だ。どうも図書館の使い方や情報調査が僕はうまくできていない気がする。それ故にどこかで司書の資格を取り、学ばせてもらおうと思うが、時間が許してくれない。やることの仕掛が増えて、困っているくらいで新たにタスクを増やすのも得策ではない。今回、どのように僕に返事があるのか、楽しみにしている。僕も結構調べたが、なかなかヒットしない。わかるということの難しさなのか。やはり研究には余裕と時間が必要だ。生産性をとことん追うビジネスライクには、研究には向かない。非生産性だからいいのだ。いろんなことを考えつつ、僕は僕なりに牛歩で進めていきたい。研究者のように時間があればいいのだが・・・、暇すぎて僕は時間を浪費するだけかもしれないけど。

 

薬局での出来事

丁寧と迷惑の間

うるさい日本の私。病院でさんざん待たされ、診察。輪をかけて調剤薬局でさんざん待たされるという経験はないだろうか。今日は調剤薬局で出来事。近年、ジェネリック薬品が普及され、それを積極的に活用していこうという動きがある。それは知っているが、それを必要以上に勧めるのはどうだろうか。調剤薬局は国策により、ジェネリックを一定程度、仕入普及させることが必須となっているが、それは要は僕から言わせれば、在庫処分である。その在庫処分によって、加算がつき、薬局は儲かると仕組みにもなっている。よく考えてみてほしい。もし本格的にジェネリック薬品が必要であるなら、処方を出す前に医者がその処方をするわけで、だいたい診察の際に、薬の説明は受ける。どういう効果で強い弱いといった効能まで。自分が聞きたいことはそこで聞く。だから調剤薬局ではほぼ聞くことはない。必要であれば聞く。にもかかわらず、時間をかけ、顧客を待たせる。調合が必要な薬なら手間がかかるのはわかるが、錠剤などは処方に従って、その個数を数えて、袋に入れ計算する。これだけだ。手が遅いのも非常に困る。それもそうだが、ジェネリック薬品は僕は断っている。効用も落ちるよ。当たり前だ。必要であれば、先ほど言ったように処方の段階で、そうしているからだ。利益を追求したいのもわかるが、ジェネリックを勧めることで、時間の浪費は避けてほしい。顧客になるとわかるよ、さんざん医療で時間を費やし、家に帰って体を休めたい。何かしら体が悪いわけだから。今一度、考えてほしいものだ。

経験と勘

根源を探る

なかなか自分の心に余裕がない。気になることがあれこれを行動を止めているのか、それとも言い訳なのか・・・。博士論文のことで学術研究はおろそかになっており、せめぎあいが未だ続いている。しかし、区切りがついたという感じを受けたので、そろそろ新しい動きをいうことで申し込みつつも、続いてしまっているので、やることはまた増えてしまう。そんなこんなだが、久しぶりに報告をしようと思い、あれこれ構成をしているが、今、ぶち当たっているキーワード、「経験と勘」。わからないのが、これは誰がはじめたのか、どういうところに言葉の歴史があり、意味があるのかを知りたい。言葉には意味があり、その意味を深く知ることでわかることがある。経験と勘は誰かがいい、それが慣用句として使われているのか。経験とは何か、勘とは何かといったように、2つをわけて捉えるのか、それとも1つとしてみるのか、いろいろ考えてしまう。もう少し探索をしてみることとしよう。少しやる気がでている事案である。ゆっくりと研究したい時がある。でもしたくない時もある。自分勝手そのものだ。

終戦(秋の気配)

4連覇は遠く

わずかながら期待していたカープの4連覇は、夢とかした。 現実には0%ではないが、ほぼ厳しいだろう。今年は、基本的、初歩的なミスが多い。先頭バッターを簡単に四球を出すとか、エラーの多発、采配ミス(好き嫌い采配もある)も多く、目に余ることしばしばであった。毎年、勝てるとは思わないが、今年も各球団決定打のないまま、進んだペナントレースなだけに忸怩たる思いはある。何とか制することはできたと考えている。3連覇の疲労というのは、今年はかなり出たのも間違いないが、それを見越した補強もすべきであった。2つのトレードはうまくいっていると思うが、こうした効果的な補強をもっとやるべきで、それを怠ったのも間違いないだろう。ひと昔ならCS進出で盛り上がるであろうが、目が肥えてしまっている。冷静な視線をファンも持ち合わせた。やはりペナントを制すること、144試合の総集が物語る。今年はチケット確保もままならず、異様であっただけに、失望感もひとしお。残りの消化ゲーム。あまり僕にとっては見所がない。それでも日本シリーズ進出となれば、浮かれているんだろうが・・・・。

コンサルタントの選択

迷える子羊

人を多く知っている経営者にありがちな点。多くの情報を得てしまうが故に、前に進めない、判断できないということないでしょうか?経営相談やアドバイスを受けるにしても、一つの事象であっても、百人いれば百通りあるのアドバイスがあるとすれば、やはり迷うもの。経営者は孤独、聞いてもらいたい、それはそうかもしれないが、コンサルタント(外部専門家)を絞り、その人のことを聞くことだ。聞くと言っても、最後は経営者が判断すればいいのだが、あれもこれもというのがよくない。いい匂いがすればいい匂いの方へ。殊更、蟻地獄に入ってしまう。僕は、その会社にそういう役割の人がいれば、ほぼ何も言わないことにしている。迷うから。経営課題で分野が異なる場合は、その領域を超えないように考えるが、まあやはり多様な情報は時に害になる。コンサルタントも仕事にしようとするから、あの手この手、プレゼンをするだろうが、経営者の見極めも大切。選択は難しいものだ。問題の解決はなかなか至難の業だが、そこを乗り越えていくのも経営者の試練だ。経営とは何か、こういった根本の問いにはしばし考えることは多々あるのではないだろうか。

夏の再来

暑さもほどほどに

休みといっても僕は動いていたほうが疲れない。日常もさることながら、論文のやり取りにだいぶ疲れてきており、どこか観光をしているような気分で、一日を過ごしたい。心のリセットというか、とにかくそんな感じ。日常もさることながらといったが、日常もあれこれと悩むことも多くで・・・。さて、そんな最中、宮島へ。なんだかんだといって、1年に1度、行っているような気がする。今は残念ながら大鳥居の工事中で、見ることができない。何度も見てもいいものだが、それも叶わずだ。観光地にいると、日常から離れる気持ちが出て、とてもいいもんだ。いろいろ散策したが、クレジットカードや電子マネーが整備されていないところもちらほら。宮島水族館が使えないのは、非常に驚いた。インバウンドとかキャッシュレスの時代に、「えっ!」って感じで、そこだけではなく、僕の今回行ったところはすべて現金。軽減税率導入になったら、整備されるのかな?この点、改善をすべきですね。それにしても暑い日だった。秋らしい気候になりつつあったが、この週末は夏に逆戻り。近くに観光名所があるのはありがたい。また来年に訪れたい。

人生のファイティングポーズ

戦う姿勢

人生もこれで満足とか、ここまででいいとかと腹のくくりがないと、やはりいいことにならないのかな。この頃は案件、案件の「仕掛り」ばかりが増えて、なかなかやることが片付かない。片付かないうえ、やることは増えている気がする。戦う姿勢ーファイティングポーズーをとれないと、人もついてこないだろうし、自分自身ものってこない。あきらめてはいけない。最後までやり抜く。エンジンが湿りがちになっているが、やはりアクセル踏んで、前へ進まなければと思う。人の姿を見ながら、自分を見る。最近、殊更そのことを考えることが多い。人生を楽しく面白みを持つためには、人生に喝を!仕事もプライベートも・・・。

私の働き方改革

理想を求めると・・・

最近、よくどういう風に仕事をしたい?と聞かれることがあるが、僕はこう言っている。3分の1ずつ仕事を構成したいと言う。Aの仕事、Bの仕事、Cの仕事というように。そしてできるなら、Aの仕事は札幌、Bの仕事は広島、Cの仕事は東京のように、場所も変わるとスイッチが変わって言うことない。これまで一つの仕事に従事することがよしとされていたが、それは果たして現代的にフィットするのか、疑問に思う。副業やフリーエージェント、働き方、生き方の多様性を求められている今、一見、ドリフトしているようで、相互補完的に価値が想像されるのかさえ、思う。僕も常々、言っているが、3本の柱で仕事を構成したいと言っている。この数年でそうしたい。ひとまず今の本業がAの仕事にはなるだろう。骨太なB,Cの仕事。まだ既存のものでは柱には弱いかなと。これから強くもしたいとも思うが・・・・。