2021年 の投稿一覧

悪化の一途

いい話がない

コロナ拡大が止まらない。毎日、その話。今日から広島もまんえい防止措置が出ているし、連日、感染者200人超え。さすがに学校や会社も止めて、一度、ロックダウンでもしないとまずいところまできているような気がする。平時ではない日常。GWの人の動きが如実に出ている。魔法の一手、ワクチンもどうなのかわからないが、母曰く、申し込んだが、抽選でダメだったという。国は7月末までというが、現場からは無理との回答。1年経過して、正直何も進歩していない感じがする。この手の話もさすがに飽きてきた。さすがに今回のはまずそうな気がするので、極力動かないつもり。動かないということは新しい動きができない=将来への停滞を意味する。傷口をなめあって生きるのか。どうにもならない毎日にドロップキック!

コロナ渦中の飲食店

昨日から時短

時短要請も出て、より一層飲食店を取り巻く環境は厳しくなった。ほんと倒産の多くなるだろう。その一方で成功している飲食店もあり、テイクアウトで火を噴いている。内容は言えないが、今までとは違う取引先ができ、シェアを獲得し、最高益というのも耳にした。やり方もあるが、これはこれですごいこと。その社長も長く知っているが、常に若い人から知恵や知識を得ようと貪欲である、そして謙虚。経営力の一端を見るような気がする。それにしても、コロナの収束はあるのだろうか・・・、途方に暮れる毎日である。なにとぞ皆さん、お気をつけてください。

廣島農人 YOUTUBE版

今回は僕の番

廣島農人でもyoutube→生ラジオという流れで、番組編成をしていますが、昨日、僕が出た回 がUPされました。東広島の時には電話で遠くの人とつなげることができましたが、YouTubeになると、スタジオに入れる方をお呼びしないと、番組構成上難しいと思っています。今回は、農業と地域連携というテーマで、竹原市の吉名で活躍されている、有田さんとセッションしました。半農半X的な生き方をどう考えていくのか、いい学びをいただいた気がします。人の人生を追体験、想像しながら、自分の活力にできればと思います。ぜひ、ご視聴していただければと思っています。

 

固定資産税の支払

連休明けに

自分の住まいの固定資産税は、なぜか連休明けに届く。自動車税もそうだ。これは意図的なんだろうかとも思わなくないが、感じがよくない。他の市町村では、連休前に届くところもあり、平生とは違う出費になるので、どこかしらで嫌だなと思うのが心情。払わなければいけないとはわかっているが、まあやっぱり高いなと思う。そもそも固定資産税は何なんだろうか?家を購入する、マンションは購入する、じゃあなぜ購入して、ずっと税金を払う必要があるのか。買ったときに不動産取得税も払うわけだから、どうもよくわからないことである。この時期、憂鬱になる出来事の一つ。・・・・、まあ仕方ないのだが。

過去の写真

生まれたころの写真

生後2か月あたりの僕である。実家のアルバムである。あまり一時期、過去と決別するために、いろんなものを捨てた。僕の人生は小学生くらいまではよかったように思うが、そこからは転落したように思う。なかなか上昇気流に乗ることもなく、プラスかマイナスか、算数的に評価すると、マイナスのほうが多い。上を見ればきりがないし、下を見ればきりがない。個人的な感想である。生まれたときは、希望に満ちている。たぶん大きな期待があったのだろう。自分の子供はどうか。やはり期待しているのだ。40数年前の僕。今はどうなんだろう。写真をいろいろめくりながら思う瞬間であった。

そうだ、市場へ行こう 

我慢の日々

各地でまんえい防止重点措置や緊急事態宣言など、明らかにコロナ感染拡大。再三、再四、もう人の動きは止められないかもしれない。もうなるようになるといういわば、エイや!という気持ちになるのも致し方ない気もする。僕も独身でだったり、個人一人で仕事しているのなら、何も考えず動く。動きを止めると萎む、悪いことしか考えない、そう思うから、何か活路をと思い、動くわけだが、第4波はやばいかもしれないとどうしても思うので、自粛。家時間を豊かにと考え、いいものを食おうと市場へ出かける。半年近く月に何度か行っているので、だいぶ要領はわかってきた。スーパーより明らかに安く、鮮度もいい。ただ卸売市場の中での価格が高いのかどうかの相場が全く分からない。魚も学びたいところだ。夜を楽しみにしようと思う次第。

会計学のエッセンス

板書で勝負

会計をどう教えるのかという命題に対して、何の教材で教えてますかと聞いたところ、この教科書をご紹介された。購入して読んでみると、板書に使えそうだ。会計初学者には、この教科書は高度かもしれない。平易に書かれているほうだと思うが、それでももう少しと思ってしまう。確かにまとまっているし、いい教科書だ。教科書というのはほんと難しいなと思う。かいつまんでいいところ取りになるのかもしれない。会計の教科書、もう少しいろいろ当たろうと思う。

 

バズル動画

社会的実験

発信をしながらアンテナを張るというか、とかく現状打開。この点には相当の危機感を持って、立ち向かっているが、思うようにはいっていない。即効性があるとは思わないが、なかなか難しいものだなと思うところだ。またコロナの感染者が増え、おそらくGWの人の流れを考えると、また感染者数も増えるに違いない。そう考えると、今やっているラジオやYouTubeなどどうなるかわからないが、動かしながら考えるしかない。それにしても、ビジネス界でも危機感の温度差は大きい。さて、ガンボチャンネル。サムネイルを出しているが、様々な業種の経営者を呼びながら、自分たちも勉強をしている。これからの化学反応は楽しみにしつつ、考えてみたいと思う次第。ここは踏ん張り時だろう。

対談 バージョン②

2回目の対談

HPの充実、横顔の拡張という意味合いで、対談も始めているが、今回は精神保健福祉士の八橋さん。僕より7,8歳年下だとは思いますが、彼とも一時期よく会ってました。医療系にお勤めということもあって、コロナ渦、会いにくいところ、快くインタビューに答えてくれました。その対談はこちら。彼も学術研究を続けているので、分野が違っても何らかの接点がいつか持てるといいと思っています。彼に会うまで、精神保健福祉士という方に出会ったことがなく、今回、対談には載っていないこともたくさん話しました。あんまりまじめな話をすることがないので、新鮮な感じでした。HPにも掲載してますので、ぜひご覧ください。

もう少しだ!

GW中に仕上げる

博士論文以来、やる気が出ないのが大きかったし、コロナで実業を動かそうと努力していたので、学問の大休憩をしていたが、書評論文を書こうと思い切り、執筆中。先日も話したとおりであるが、8割くらい書けた。もう少しである。普通に論文を書くより難しいかもしれないと感じた。人の論文をじっくり読む機会ではいいのかもしれないが、何かに問題意識をもって、仮説を立て、検証する作業と、書評になると、その人の問題意識を知り、検証がどうなのか、そもそも仮説の立て方が違うのかなど、考えるが、やはり論理の導出の中で、「足りない部分」、説明が欲しい部分に目が行くような気がする。自分のことは棚に上げて、あれこれいうのも性格が悪い気がするが、学問ってそんなもんである。もう少し頑張ろう。あと2日だ、長期休みも。