子育て

こういう時期は特に幸せだった

遅く帰ってくるとこの「姿」

まだ三子目が生まれていない頃の写真。長男と長女が同じように寝ている。本とうり二つで。毎日が新鮮に生きて、楽しんでいるころだろうが、家から遅く帰って寝ている姿を見るとなんともいえない幸せな気分になったものだ。今や一緒に寝ることが旅先くらいしかなくなったが、子供がいる親では何とも言えないハッピータイムではないだろうか。FBにあがる思い出のフィードバックに思わず、保存した写真である。帰ったらこの写真をみせてやろうと思うが、どんな反応だろうか。

休みらしい休みにもならず

子守り

GW中に嫁さんが結婚式で家を留守にした。なので子守りが僕に回ってきた。しかもこの日帰ってから、なんと訃報の連絡があり、それからは通夜、葬儀でてんやわんやになってしまったGWとなる。だから奥出雲に気分転換した翌日に子供らとドライブしただけとなってしまう。今年はフラワーフェスティバルが最高の来場者というが物価高の象徴で以外に旅行など遠出をしていないようだ。だから近場で済ますという人が多く、メディアではGWが活況に人が動きということを取り上げるが、実はそうでもないようだ。ということならば、我が家もそれに準じたと言えばそう。長期休みも動くとお金もかかるし、考えものだけれども・・・。しまなみを少し味わい、5月晴れの気持ちよさを楽しんだというところか。激動のGWが終わり、さて日常へ。まだエンジンがかかりきらないが。

春の行楽

小学校最後の旅行

息子が小学校を終えた。その思い出に関西旅行をしたわけだが、大阪を歩くのもいいなと改めて思った。自分では大学院で通っていたところなので、どうも旅行ではないのだが、行っていないところもたくさんある。写真にあるのは万博公園。来年、万博もあるからこれからもっとお客さんは増えるに違いない。1970年自分が生まれる6年も前だが、大掛かりなイベントだったんだとよくわかった。日本が高度成長をし、活気があったんだろうと予想する。今はなんだ?、こんなしらけた感じなのが対照的。そんな所感である。いろいろ連れて行ったと思うが、大阪ではUSJに行きたいらしい。考えてあげんといけんだろうなと思うが、5人移動は金もかかるよねとせこいことも思うものだ。

息子の成長

もっとはばたけ!

先日、息子が友達と博多へ電車を見に行くという。それも鈍行で行くというわけだ。散髪屋にバスで一人で行ってみればと言っても、本人は怖いのか行かないといった奴が急に博多である。電車の熱もあるにせよ、とてもいいことだと思い、自主性を重んじた。ただし、帰りだけは新幹線で帰りなさいといったが、ほんとに日帰りで帰ってきた。6時の電車で博多へ向かい、13時くらいに着いたようだが、楽しんでいけたみたい。どうも一緒に行った友達はこうした電車旅も慣れているようで、いい相棒ができたのかもしれない。やはり自分で行動圏を広げ、学びを得ることはいいことではないか。そんな思いでいる。もっとスケールの大きい人間に育ってほしい!もっと力強く、翼を広げて未来へ切り拓け!息子よ。

学級閉鎖

猛威を振るう

次女のクラスに続き、長女のクラスも学級閉鎖となった。どうも風邪が流行っているらしい。インフルもあるだろうが、コロナもあるんだろうなと予想する。それにしても、僕らのときはそのような記憶もない。まあ困ったものです。今の時期、僕は繁忙期のため、風邪などひいている余裕もないし、ひいても出勤。誰かの代わりがいるわけもない。大手とは違う、そう考えると、代替の効く公務員はやはり恵まれている。あれこれ言っても仕方ないけど、早く収まってほしいなと思う今日この頃。

陶芸と絵画

ふたたび長女

2、3年前あたりから陶芸教室に子供は通っているが、黒瀬にある保田窯へ。今年は僕自身が予定が取れず、2024年初参戦。たくさんの方と一緒に陶芸を一緒しました。保田窯の先生が洋画家でもあるので、長女の絵を少し見てもらいました。親としては長所を伸ばそうと思っており、手掛かりを探っているが、いいご指導をいただきました。絵画も学んでみたらどうかと思うところ。これは親が強制するものではないが、プロに学ぶ機会もそうあるものではないので、いいと思うんだけどな・・・。長女は素直に学ぶ姿勢があるので、伸びてくると思うのだが・・・・。親バカなところは確かにあるが、学校では絶対できないことを親が環境を作る。それは親の務めでないか。そんな日々雑感。

100色の色鉛筆

感受性を高めて、想像力を養え!

長女が最近、よく絵を描くので、100色の色鉛筆を買いに行ってみた。嫁の血だろう、子供3人とも絵は上手い方と思うが、感受性の高いうちに感性を育てることは大切だと思う。100色もあるとインパクトある。まずは与えてみて、子供自身に考えさせてみようと思う。最近、殊更思うが、問題意識を持つ、そして問いを設定して、検証、答えを導き出すというのは、実は論文の作法を同じである。絵画という問題意識、その武器を親が与えたが、それぞれがどう表現して、絵という答えを導くのかと考えるならば、これからいろんなことが社会で起こっても、課題解決力を養い、応用が効くと思っている。子育てに正解はないだろうが、まずは親から問いかけを与える。100色の色鉛筆は想像外だろう。微妙な色から世界を学べ!

ゲームと子育て

バランスが難しい

子どものゲーム依存がどうしても気になる。他の家の方がということを言うが、関係ない。うちの基準で話している。ゲームは仮想領域を多くつくることになるので、あまり僕はいいと思わない。もしゲーム業界に行きたいということであれば、徹底的にやるべきだと思うが、そうではない。娯楽と言えども行き過ぎは気に入らない。では勉強とゲームをバランスよくやるということになると、これは承認できるが、これも子供ではブレーキが効きにくいだろう。ひとまず飽きるまでやらすしかないと思うところもあるが、やはりキーマンは母親である。

今日の2枚

小さいころの息子

息子が小さいころ、遊んでいた途中に、そのままこの格好で寝てしまったときの写真である。来年、息子も中学生になるが、一足早いスマホデビューを先日したので、「今日の2枚」と銘打ち、lineにいろいろ写真を送っている(迷惑みたいだが・・・・)。時の経過は早くこの時期が懐かしい。娘がそのあと2人もできるなんて思いもしなかったが、子育てと言えどもはじめてで、手探りでやっていた毎日。子育ては大変なところはあるが、やはり楽しい。まあ世の中、いろいろあるけど、前へ。ともに頑張っていきましょう!今日のスタートです。

小学生最後の誕生日

早いもので12歳

昨日、生まれてきたような感覚もあるが、長男、小学校最後の誕生日を迎えた。12歳もなると一丁前である。オオカバチもたれるし、立派なものである。これから大人になる境であるから微妙な歳になってくる。ここからどのように自分を構成していくのかは重要であろう。かといって僕自身がうまく立ち回れたわけではない。なので、ここはうまく乗り越えてほしいなと思う次第である。僕が正解ではない。自分自身で開拓していってほしいと願う次第。そして、誕生日はお母さんに感謝する日だぞ!そこは忘れないでくれ。お誕生日おめでとう!