2017年 3月 の投稿一覧

福岡での結婚式

末永くお幸せに

共同で農業会計を研究している飛田先生の結婚式に参加しました。先生方や学生、OBに囲まれ、素敵な結婚式でした。聞くところによると、約150名の参加で会場はすし詰め。これも人望ですよ、はい。あまりに人が多すぎて、僕は飲み会のように旧交を深めました。末永いお幸せを願う次第です。家族で行く予定だったけど、3人の子供がみんな風邪。うまくいかないものです・・・。

思わぬとばっちり

言いたいことがあるのなら選挙に出ろ!

僕の住まいのある街も統一地方選挙が行われている。再々になるが、4年前に落選した。今回も前回と同様、16名の当選のうち、17名が候補が立っており、1名落ちる選挙になっている。よほど気に入らない候補者がいるのか知らないが、僕にとばっちりがくる。僕はなりたかったが、有権者から「いらない」と言われた人間である。だからそれで区切りはついている。では、その文句や言いたいことがある人が僕にぶつけても仕方ない。是非、出馬したらどうかと言ってみた。僕は一定の年齢になれば、出馬できる身分となるのだから、やはり自分が主体となってメッセ-ジを発信したらどうかと思うわけで、酒場でしか言えないのなら、みっともないから言わないほうがいい。僕はこの街の件で意見を持ち合わせていない。だから気に入らなければ、屋移りすればいい話だと思っている。候補者が気に入らないのなら、自分が出たらどうだろう?経験も活かして応援するよと言ってみたが、ただ文句をいう評論家である。これでは何も解決しない。出馬は決して悪いことではない。もう僕の出番ではない、それだけははっきりしている。

農業簿記の研究

農業簿記から学ぶ

もう5年前になろうか、一緒に農業簿記研究をさせていただいた戸田先生より謹呈を頂いた。財務会計の分野ではあまりヒアリングの手法は使われないが、積極的に活用したことで深みのある論になっている。戸田先生とは、農家のヒアリングも多数同行した。ここで学ぶことはわからないことはわからないと言える姿勢であり、そこから学習をしていけばいいことである。その点、僕は多くのことを学ばさせていただいた。僕もほんと性根を入れないといけない。時はいたずらにすぎる。なかなか時間もとれないのも事実であるが、それを打破していかなければならない。農業会計の研究にまた一つ良書が増えた。

 

僕の戦いは終わった

週末の出来事

4年前に選挙に出たことで、サプライズで出馬というのを思っているのか、探りの電話があった。ここでのブログでも書いたように、出馬はない。そしてどの候補にも応援に入ることもない。真っ新な住民として僕は過ごしていきたいと思う。不思議なことにほんと関心がなくなってしまっている。選挙とは公平であると思っているから、負けを意味することは「お前はここでの役割はない」と思っている。だから心はきれいになっている。僕自身の海田町との戦いは終わった。過去、経験を語るより、これからの未来と機会を語りたい。まだまだ青春真っ盛り!40代もスタ-トしたばかりだ。候補者の皆さん、頑張って!俺ももっともっと頑張るから。

会計を把握する

お金の流れの簡易的な把握

何かと和仁さんのキャッシュフロ-の会計について、周りに語る人が多くなっているので、購入をしてみた。会計に関して、僕の興味は「難しいことを優しく語り、専門的な把握ではないが、大よその概算を経営者自身が把握するために、会計の役割をしっかり認識し、経営に活かそう」ということである。その点、この書籍はその知識を与えてくれる。会計について、軽視する経営者(したくてもできない人もいるけれど)が小規模なところは多いと思われる。しかし、会計がわからんで経営はできない。稲盛さんの言葉でもあるが、会計実務にかかわっている以上、少しでもそのことにわかってもらえるようにと思う次第である。僕はあくまでサポ-タ-、主役は経営者。主人公よ、自らの手で作り出そう!一読するといいのではないかと思う次第。

 

楽しい宴

確定申告を終え

今年の業務はとても忙しくさせていただいた。毎年、忙しいが、例年以上に働いていた気がする。さて打ち上げというよりも、軽く飲もうと思っていたが、あれよあれよで多くなった。最近、縁がある広島ドラゴンフライズの浦社長も迎えて、忌憚のないお話を伺った。これから広島の地に根付いたスポ-ツチームとして、地域を挙げて応援できる体制が必要だ。B1に上がれるチャンスがあるようなので、是非ここはいっちょ、頑張ってほしいものだ。少し飲み過ぎたかもしれない。

 

好んで見る

北の国から

何と言ってもこのドラマが僕は好きで、好んでみている。BSフジで開局40周年記念ということで、日曜日に放映されて、今週で終わる。長いドラマだ。そして、この前よりDVDマガジンが発売となり、すべての収録をされているとのこと。もちろんファンとしては買っていこうと2巻目が発売がそろそろである。豊かな文明のかかわりの中で、人としてどう生きるのか、どう問題と向き合っていくのかということを思い出させてくれる。子供をもってから、また違う視点で楽しめる。最近のドラマはめっきり見ないが、北の国からのドラマは深い。久々の方もはじめての方もご視聴をお勧めする。

 

バスケットボール初観戦

縁あってのドラゴンフライズ

ビジネスで一緒にやっている人が深くかかわっているため、一度、観戦においでと誘われ、家族で応援に行きました。残念ながら、バスケットボールがよくわからない、そして誰がすごいのかとか、籠に入れたら点が入るという程度で、何が何やらわけわからずであった。どうも広島ドラゴンフライズはいい位置におり、B1の1部リーグに上がれそうな順位のようだ。バスケットボールが日本に根付くのかどうかは微妙だと僕は思っているが、様々なスポ-ツの振興があれば、また盛り上がると思う。いずれにしても、いい経験をさせてもらった。

リングカ-ド

子供の知育

なかなか毎日が忙しく、子供にもかまってあげられない。買い物ついでにちらっと寄った本屋で見つけたカードである。長女が動物が好きだということがわかった。パズルにしても動物をあえて選ぶようにしている。息子は電車であるが、こちらも「好き」がわかるとやりやすい。動物を通じて、これからたくさんの学びを得てほしいと思っているが、このリングカードは、これから大きくなっても何かを覚える際に役立つだろう。歴史の暗記、英単語、四字熟語・・・、様々な分野で応用がきく。早速、カードを渡してみると、何度もめくっていた。これで文字も覚えるかな。長女の学習である。

 

戸田デザイン研究室
発売日 : 2006-12